蜘蛛の寿命と脱皮について

蜘蛛の寿命と脱皮について

蝶やカブトムシのように、一生をよく知られている虫がいる反面、蜘蛛のように飼うことが一般的でない虫は、どのように成長するのか意外と知られていません。今回は蜘蛛の寿命と脱皮について取り上げます.

 

蜘蛛は成長のために脱皮をする

 

脱皮をする動物は案外多く、蜘蛛をはじめとする虫では良く見られます。虫やエビ・カニなどの節足動物は私たちと違って骨を持っていません。そのかわり体の周りが外骨格と呼ばれる固い殻でおおわれています。外骨格は通常の骨のように成長しないため、体が大きくなると窮屈になってしまいます。そこで、彼らは脱皮をし新しい外骨格を作ります。

 

脱皮というとセミや蝶のように背中から開くイメージがありますが、蜘蛛の場合は腰のあたりから亀裂が生じ、後ろに出てきます。この世な脱皮の仕方はエビ・カニ・サソリなどでも見られます。

 

蜘蛛の寿命は1年、長いと10年以上生きる種も

 

蜘蛛は脱皮を繰り返し、生態になっていきます。そして、1年あたりで寿命が来るようです。しかし、家に出てくる蜘蛛は寿命が長めです。たとえば家蜘蛛の代表格であるハエトリグモは9年ほど、大型サイズであるアシダカグモは長くて11年ほどの寿命があります。

 

蜘蛛の寿命は案外長く、家に出てくる固体も何年も同じ蜘蛛が住み着いている可能性もあれば、一人暮らしならあなたより前から住んでいた可能性もあります。

 

 

 

蜘蛛の生態は私たちにとっては謎の多いところがあります。ちなみに、脱皮は爬虫類も行います。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

家に出没する蜘蛛の種類/大きいもの小さいもの
家の中に出る蜘蛛といっても色々な種類がいます。でもどれも小さくて毒性もなく大半は無害なかわいい蜘蛛です(笑)。今回は家の中で見られる蜘蛛にはどんな種類のものが多いのか紹介していきたいと思います。
蜘蛛の発生原因は?
なにかとひょっこり姿を現すことが多いクモ。これといった害のない益虫ではあるのですが、苦手な人にはたまらないでしょう。今回はそもそもクモが発生する原因は何なのか。どこから入ってくるのかといったことを解説していきたいと思います。
家蜘蛛は無害?噛むの?
人家に出没することが多い蜘蛛。見た目は不気味・怖いし人間に害がないのか心配するのは無理もありません。実際家クモというのは噛んだり毒があったりするのでしょうか。
異様に大きい家蜘蛛の種類
家に出没する大きい蜘蛛の種類やその退治方法について解説しています。
蜘蛛が孵化する時期
蜘蛛の卵が孵化する時期や、場所について解説しています。蜘蛛が多い家なんかは大抵卵がどこかに産み落とされています。どこかに蜘蛛の出産のスポットとなっている場所があるはずです。どうしても蜘蛛との遭遇を避けたければ卵を退治してしまいましょう。
蜘蛛の体の構造
蜘蛛の外見は非常に不気味な印象を与えます。それはやはり他に類を見ない独特の見た目をしていることが要因といえるでしょう。一体どういった構造をしているのか気になりますよね。
蜘蛛の巣に害はないの?
さて一般的に害虫駆除に貢献してくれる益虫である蜘蛛ですが、はたしてその蜘蛛が作る「クモの巣」に害はないのか?という疑問は当然湧いてくると思います。
蜘蛛の食性について
まずはそもそも「蜘蛛」って何なのだろう?という点から振り返ってみましょう。敵を制するには敵を知りましょう。
蜘蛛(アシダカグモ)が出る季節
秋の季節に蜘蛛が出るという家も多いと思います。人家に出没する蜘蛛として代表的なアシダカグモはいつの季節に姿を現すのでしょうか。
蜘蛛は昆虫じゃないの?分類は?
「蜘蛛は昆虫じゃない」とはよく聞きますが、昆虫と蜘蛛は一体どのように違うのか、そもそも虫にどんな種類がいるのかを紹介します。
蜘蛛の糸の仕組みとは
自分より大きい虫や小鳥すら捕らえてしまう蜘蛛の糸、あんなに細いのに鉄よりも強く絹のようにしなやかなので、次世代の素材としても注目されています。いったいどんな秘密があるのでしょうか?
クモはムカデを食べるのか
害虫対策に蜘蛛、という話はよく聞きますね。蜘蛛は大きくてそれなりに強いムカデはやっつけてくれるのでしょうか?
クモが出てくる神話や迷信
クモはその姿と生態から霊性の高い動物として知られてきました。日本をはじめ世界的に言い伝えがあるほか、夢占いにも出てくるのだとか。今回は代表的なお話を紹介します。
クモの目はほとんど見えていない?知っておきたい単眼と複眼の違い
クモの特徴と言えばつぶらな瞳ですが、ハエやトンボの目とはちょっと違いますし、何個もついています。どうしてあんなにたくさん目がついているのでしょうか?
夜行性の蜘蛛とは
夜ふと起きると、キッチンに大きな蜘蛛が...ということ、ありませんか?どうやって駆除しようか考える前に、まずはその生態を知りましょう。
蜘蛛の脳
蜘蛛はあのような巣を張れることから頭の良い虫と言われています。小さな蜘蛛に至っては体の半分以上が脳みそという場合もあるようです。
蜘蛛と爬虫類の関係
蜘蛛は見た目が他の虫とは一風変わっていますがいったい何ついに分類されるのか。虫がついているからと言って爬虫類ではありませんよ。
蜘蛛は飛ぶのか
壁や天井に這いまわり巣を張る蜘蛛は、時に私たちの迷惑となります。しかし、蜘蛛には巣を張らずに飛んで狩りをする蜘蛛もいます。最近はかわいいと話題になることさえあるのだとか...
日本の毒蜘蛛の種類
セアカゴケグモが日本にやってきたニュースは私たちに衝撃と恐怖を与えました。今も注意が促されていますが、日本にはほかの毒蜘蛛もいます。その種類を事前に知って対処できるようにしましょう。
ハエトリグモの種類
ハエトリグモと一口に言っても良く見る黒いものだけではありません一体どのようなハエトリグモがいるのでしょうか?

家クモ退治 アシダカグモ退治 家クモの生態 益虫としてのクモを知る